〜アロマゴコロ〜 おばあちゃんからの言葉 自分の良さを探すなら、自分以外の人からの言葉に耳をすませてみよう!

10年ほど前に亡くなったおばあちゃんからの言葉がふと浮かんだ。

『えりかちゃんは、優しい子だから』

本当のこと言うと、私はおばあちゃんのこと、あんまり好きじゃなかった。

物静かな母に代わって、口うるさく、すぐ他人と比べたがる…。大きな声で笑えば、みっともないと。男の子を家に連れてくると、いやらしいと言ってみたり。

そんなおばあちゃんのことは、そんなに心からは好きじゃなかった。

でも小柄で、人情味があって、大盤振る舞いで、人と集うことが好きだったおばあちゃんは、可愛らしいおばあちゃんだと周りから言われた。

病床のおばあちゃんが、気持ちも小さくなっていたのか、

「えりかちゃんは優しい子やで」

そう言った。

ずっとずっと、

(嘘ばっかり!!)

そう思っていた。

でも亡くなって10年経った今でも、思い出す。

私はおばあちゃんにはあえて優しく接する事はしてなかった。

でも、おばあちゃんがそう言ってくれたのは、

本当の気持ちだったのかな…と。

だったら、ありがたくこの言葉を受け止めよう!

私の良いところって、きっと優しいと言う事なんだ、と。

私の軸となる部分は優しさなんだ、と。

40年以上生きてみると、自分と周りの人との違いを少し客観視する事が出来るようになり、

そう思ってみると、

優しい

そういう言葉をよく言われるな、と。

自分のいいところが、優しさなら、それはきっともっともっと、その部分を大切にするといいのかなぁ!と。

自分はそう感じていなくても、周りからよく言われる言葉

そういう言葉に意識して耳をすませていると、自分ってどういう人間なのか?のヒントが出てくるかもしれない。

嫌な事は聞き流し。

良いところは間に受けて。