アロマゴコロ 〜子どもの喧嘩の仲裁で疲れていませんか?〜

男の子同士でよくある喧嘩

冗談半分でじゃれ合っていたのがヒートアップ😓

本気で殴り合い

どちらかが泣いて終了

 

大人の立場としてはほっておくわけにいかず

『早く謝って!』

だいたい我が子に謝らせる

そんなパターンが往々にあるのではないでしょうか?

 

この方法って、誰も幸せではない

 

喧嘩をした当事者2人も、その間に入る大人も

みんなが気持ち良く、納得して終わる方法

 

まさについ何時間か前の出来事から

再確認したこと

 

それは、

 

解決方法は大人から提示しない

 

これが出来たら、その場にいる全員が嫌な気持ちにならず、問題解決したりします。

 

それは、こんな流れ

 

①まず、冷静になる

②双方にどうしてこうなったと思うか尋ねる

③そこで出てきた言葉をそのまま相手に伝える

④じゃあどうする?と考えさせる

 

こんな流れ

 

この時、間に入る大人側の個人的な意見、アドバイスは要らない

 

そこを子どもに一度考えさせる時間を作ること

 

子どもはちゃんと答えを持っている

 

保育園児でも、年長にもなれば、何が正しい事なのか、ある程度理解していると思います!

喧嘩になった本当の理由は本人達にしか分からないこと

間に入る大人が、個人的な見解を挟むことは余計に自体を悪化させかねません

子どもの気持ちをうまく引き出してあげる言葉がけ

どんな言葉をかけたら

心の本当の声を引き出せるか

そこは、大人側の腕の見せどころ

 

時々、保育士だった頃の気持ちがうずうずしてしまい、

頭の中、フル回転しながら、

子どもと向き合う

 

うまく出来ない時は

だいたい感情的になっている時

 

そんな時は

ワンテンポずらして

対応してみる

 

そんな事を意識してみたらどうでしょうか。